Skip to content

放送:第百三十六回:要請に応じた生き方

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

仕事、人生の迎え方について話している二人。自由を得られたことで、自分で道を選ぶことが出来るようになった現代。その一方で人生や仕事は他からもたらされることが中心であることを忘れがちである。自力による選択より他力に応じる柔軟な選択の方が、いい人生、いい仕事が得られることが多いとセンセイは言う。昨今、とかく説明を求める現代だが「個々人の納得とは趣味の領域」だと語る。社会は待ったなし。自分の志向や嗜好はもちながら社会の要請に応じる生き方が最短の道のりと自らを照らし述べていく。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。