Skip to content

放送:第百三十三回:映画ノストラダムス

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

初めて作者がメディアに登場したと一時話題になった「ノストラダムスの大予言」。センセイもマッチャンも世代である。この本は様々な都市伝説をはらみ未だに一部で話題を振りまいているように思う。センセイにとって「ノストラダムス」と聞いて真っ先に浮かんだのは映画の方。本映画は今でも再販されることなく今に至る。数少ないビデオ版を探している人も少なくない。理由は ノストラダムスの大予言 (映画) に書かれてある通り。今では信じられないことだが文部省推薦までついた本作。公開後の経緯は困難を伴ったものとなった。センセイに衝撃を与えたその中身とは?

ノストラダムスの大予言』(ノストラダムスのだいよげん)は、1974年8月3日に公開された東宝製作の特撮映画。副題は『Catastrophe 1999』[注釈 1]。『ルパン三世 念力珍作戦』と同時上映された。1974年の邦画部門の興行収入第2位。文部省(当時)の推薦映画でもあった。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。