Skip to content

往返小説#1-1:short‐short:秋

「秋か」

路上に花が開いていた。

遠目でもわかる。

その様は飛び降りを想起させる。

コンクリートにまかれた脳漿。

手を合わせたい気持ちになる。

飛び降りというよりは落とされたと言った方がいい。

事件だ。

犯人は解っている。

カラスだろう。

主犯だろうが、共犯の可能性も。

今回は目撃していないが、いつぞや目にした。

被害者は「渋柿」。

路上に身を投げた柿はなんとも哀れだ。

埋葬したい気分が湧き上がる。

熊本の祖母宅で見たそれは自然の一部だった。

蟻をはじめ、様々な生き物が群がり、柿の命を弔いっているかのよう。

命のお裾分け。

命の継承。

食い散らかしたそのさまにすら美を感じる。

充分に吟味された残りを大地が頂く。

数日もすれば単なる景色になる。

実に美しい。

子供の頃は驚きがあった。

対して都会の柿は哀れだ。

雑に啄まれた挙げ句、脳漿をぶちまけ、その上で命が継がれることもほとんど無い。その上で無残な姿を長らく冷たいコンクリートの上に晒し、更には不愉快な目で見られる。

渋柿氏の横を通り過ぎる。

(ほら)

通行人が彼の憐れな姿を見て眉をしかめた。

「汚いなあ、片付けろよ・・・」

(これだ)

落とされた挙げ句に醜い姿を晒し、文句を言われ、命を継がれる事もなく、ただ死に逝く。カラスを始め、鳥たちに啄まれているうちはまだいい。時が満ち、耐えかねて落ちる輩も少なくない。

少し歩くも私は引き返すと、しゃがみ、じっと見た。

スマホを取りだし写真を撮る。

さながら渋柿氏の遺影だろうか。

よくよく見ると、なかなかどうして美しい。

(あんたの命の表現しかと受け止めた)

奇異な目を向ける通行人。

無理もない。

(気にするな。今、名も無き渋柿を看取っただけ)

いずれ私も貴方の仲間入りだ。

何も変わりはしない。

「さようなら」

歩み去る。

数歩踏み出すも振り返る。

やっぱり都会の柿は哀れだ。

命が継がれる事もなく、喜ばれる事もない。

「あ、」

スマホ見ながら歩いていた女性が渋柿氏を踏みつけた。

不愉快そうな顔をする。

無理もない。

知らずあれを踏みつけた感触は中々おぞけがする。

溜め息。

単に息が苦しいだけか。

都会の命はなんとも哀れだ。

「秋だなぁ」

Published in文筆

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ