Skip to content

松里鳳煌 Posts

往復小説#5-1:short‐short:景色

往復小説

天外黙彊#5:公園のはなし>松里鳳煌#5-1:景色

本文

仕事柄の癖のようなもの。
誰にしろあるだろう。
真剣に取り組んであれば当然のことに思う。
僕は人間観察かもしれない。
この前、親父に怒鳴られた。
「人ばっかり見て、お前はどうなんだ!!」
つい言いすぎた。
見ていれば自ずと口も出る。
他人事は無責任に言える。
例え事実だろうと欠点を白日の下に晒されるのは誰しも嫌なものだ。