Skip to content

放送:第二百三十九回:マほ荘・女子大生トリオ

話者:松里鳳煌

「マカロニほうれん荘」シリーズ、略して「マほ荘」。今回は「女子大生トリオ」に焦点を当てます。小学生当時、私の周辺では「三人娘」で通っておりました。このキャラクターが気になりだしたのは、読みだして暫くして後。当初こそサブキャラとしては登場回数も多く目立った言動の 斎藤 ルミ子 に目が向かいましたが、読み込んでいくうちに三人との関係性や、女性の視点、結婚と恋人の差、好きと嫌い、という様々な視点が小学生なりに芽生え、私の人生に強い影響を与えました。

マカロニほうれん荘 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

斎藤 ルミ子(さいとう るみこ)「女子大生トリオ」の1人で、短大の1年生。少女趣味で空想家。「キャイーン」「〜ですわん」と非常に特徴のある話し方をする。通称は「ルミちゃん」、「ルミたん」など。一見おちゃらけているようにも見えるが、ひざかたさんの為に洗濯や炊事を行うなどしっかりした面を見せる事もある。

中野 そう子(なかの そうこ)「女子大生トリオ」の1人で、短大の2年生。黒髪ロングで前髪が長く右目が隠れるのが特徴。ルミ子同様、ひざかたさんを一途に想っているものの、アプローチでは一歩出遅れている模様。レズっ気があり、抜け駆けを繰り返すルミ子を度々ベッドで泣かせている。

白水 由紀子(しらみず ゆきこ)「女子大生トリオ」の1人で、短大の2年生。最初は前述の2人同様にひざかたさんを慕っていた

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。