Skip to content

放送:第二百十四回:野尻泰煌最後の對談

話者:野尻泰煌、松里鳳煌

野尻先生との対談ストックは今回で最後。普段はカットしている冒頭の年月日の喋りから始まる。小学校の英語教育について話しだすマッチャン。長い間、先生が私に投げかけたテーマの一つが「教育」だった。この話題を起点に、話が通じない日本人がいよいよ増えて来た話題に。先生は「暗記教育」の弊害だと本質に言及。教育をどうにかしないと日本はお終いだと。大学が目下は頼りだと言う話に。受けたい講座があったら、受けに行こうと近未来の希望を語る。先生、様々な言葉や教えを胸に死ぬまで生きてまいります。また。書家 野尻泰煌 2019年12月15日早朝、永眠。(収録:2019年11月24日~20:53)

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。