Skip to content

放送:第百九十五回:通過点#3才能

話者:松里鳳煌

シリーズ通過点の第三回。多少なりとも生きてき、振り返って思うことをテーマにしております。今回は「才能」について。私にとって、子供の頃から「よく判らないもの」の一つ、それが「才能」でした。小学六年生で「自分には何も才能がない。この人生は無意味だ!!」と覚悟を決めた私でしたが、その一方で、書物に答えを求めても、人に聞いても、経験しても、知ればしるほど、よく解らなくなっていきました。それがようやく理解出来た気がします。今回は、才能について語っております。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。