Skip to content

放送:第百九十三回:ハルミ洋品店

【蔵出し】話者:野尻泰煌、松里鳳煌

自然災害の多い日本においては「過去は過去として、今は忘れて次へ行こう!!」というメンタリティ、判断は、これまでは充分に有益だったとマッチャン。しかし、それ故に過去を振り返られない、認識しない、改めないツケが、現代日本において時代や世界との大きな乖離を生み、日本人の足枷になっていると。そこから時代の趨勢の中で、今もなお変わらず経営を続ける野尻先生のお父様が経営する洋品店「ハルミ」の話に。社会や景気や人通りは一変したが、それでも変化に対応し柔軟な姿勢で経営を続け本年で59年の経営実績を誇る。その働きによって書家の野尻泰煌を豊かに育てた上げた。(2019年9月収録)

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。