Skip to content

放送:第百六十八回:名画の特徴

【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

年末(2018年末)に映画の名画全集を買い色々見ているけど共通した特徴があるとセンセイ。特に日本の名画にはそれが当てはまると。それらは自身が見たいと望んでいた映画ではなかったと語る。そして自分が望んでいる映画はどうやらSF映画にしかないようだと。それは偶然にもマッチャンがSF映画を好きな理由であった。2019年1月2日に初夢を見たというセンセイ。200年後の十条に突然現れた自分が、すっかり変わり果てた街、聳え立つビルの中に自身が書いたと思われる隷書で書かれた「泰永会」の看板を見出す。その時に、ある感傷を味わったと。 (2019年収録)

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。