Skip to content

放送:第百五十九回:先生の手帳・九

話者:松里鳳煌

野尻先生と初めて一緒に行った映画。それが前回ご紹介のゴジラシリーズ第24作「ゴジラ☓メガギラス G消滅作戦」でした。有楽町マリオンで初日に観ました。お互い黒いスーツを着て颯爽とIN(笑)。劇場は想像を超えたガラガラぶりで、先生は「我々専用の映画館みたいで気持ちいいねぇ」と第一声。予約した席に座ろうとすると、自分たちの一列前に絵に描いたよなファンの青年男性が二人。私らを見るなりギョッとし座った後でコソリと「後ろの席、俺達より凄いのがいるよ」と。正装でゴジラ鑑賞と捉えたようです。そういう意味では無いのですが(笑)。野尻泰煌ほどの人物が何故ゴジラなのか? 私が先生に強い興味を抱いた一つのきっかけになりました。※訂正:放送中の発言「ア◯ムの人」ではなく「プ◯ミスの人」です。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。