Skip to content

放送:第百四十回:能率の捉え方


話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

2019年5月に中欧へ渡り「こんな生き方があったんだ」と感じさせられたとマッチャン。チェコ第二の都市ブルノでの経験を語る。日本では必死になって働き憔悴しきったお母さん方と、その子供に厳しく接する大人達の光景をよく目にするが、ブルノでの母子関係は実に穏やかだったと。センセイは高度成長していく過程で自ずと過酷になっていった日本を振り返る。また、日本人とは能率の捉え方が全く違う点に驚いたとマッチャンは語り、能率感の違いに話題は移っていく。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。