Skip to content

放送:第百三十九回:中欧訪問記・参~博物館式典にて

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

[写真が一部映ります]レセプションに参加すべく約2週間渡欧した際の旅話三本目。古式ゆかしい重厚さのあるサンクト・ポルテン(ザンクト・ペルテン)博物館の中をご案内いただく。夕方六時過ぎに奥の間で書展の開会を告げるレセプションが開催。市長代理、館長、野尻の挨拶と続き、席上揮毫へ。ちょっとした予定外の交流が場を温め、作品を前に質疑応答へ移る。熱心に問われるオーストリアの方々。それに対して出来る限り丁寧に答える野尻。音楽を例に出すと意外な盛り上がりが。旅の思い出を語り合った。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。