Skip to content

放送:第百三十四回:ノストラダムスの表紙

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

マッチャンは映画を地上波で見たことがあるが記憶がほとんど無いと言う。そして原作そのものにも影響を受けなかったと。彼にとってのインパクトは「表紙」に集約され、今だに忘れないと言う。小学生当時この表紙を描いた作者こそが何か真実を知っているのではないかと疑った。センセイは人に衝撃を与えるほどの作物というのは、作者の様々な衝撃的体験と深い洞察無くして与えられないと語る。日々の弛まぬ技術的修練と、その合間に訪れる余白こそがそうした作物を生み出すと語る。事実、そうした背景がこの表紙もあったと知る。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。