Skip to content

放送:第百二十九回:言葉と民度

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

道徳心が促される薬が開発されたというニュースを伝えるマッチャン。「それまた妙な話だね」とセンセイ。「最近は放送禁止用語も増えているそうだけどどうして?」と投げかける。センセイは本来の差別という言葉からは悪い意味合いを感じていないと言う。マッチャンはどういう意味合いで使っているかというのが本来重要なのではないかと応じる。言葉をどう使い、どう許容し、受け取るか、そこにその国民の教養や文化レベルが伺えるという話に。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。