Skip to content

放送:第百二十八回:死について

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

安楽死の機械が昨年開発されたというニュースに触れるマッチャン。今年オランダでは十七歳の女性が精神的苦痛から法律に則って安楽死を選んだ。母親、祖父母、妻を亡くしたセンセイが自らの死生観に照らし合わせ尊厳死について語る。そこからはケース・バイ・ケース、相手によって全く異なる対応が望まれるだろうと。同時にそれが叶うには近親者との深い関係性と理解が欠かせないことが浮き彫りに。死について話した。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。