Skip to content

放送:第九十二回:映画よもやま話

話者:センセイ、マッサン

今の様々な分野で言えることとして、技術的に優れた点があるにしても、表示に「浅さ」を感じてしまい「あっ!」という部分が無いとマッサン。一方で、現状の忙しない社会状況においては、それも無理からぬことかもしれないと話す。映画の話なり、主役になる人ほど不遇な境遇に陥ることが多いのでは?と。センセイは「命運をながらうには目立たない方がいい」と述べ、「バランスの良い人生を歩むには可もなく不可もなくが一番いいのかなと思えてくる」と応える。そこから映画に纏わるよもやま話が展開される。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。