Skip to content

放送:第八十一回:修復と保存

話者:センセイ、マッサン

時代と共に人も表現も薄まって、転換期が来ない限り避けられないという話から始まる。現代は本物が失われていく分水嶺に来てると感じるとマッサン。その理由として、最新の研究で修復する行為を上げる。センセイは強い懸念で応え、研究結果はレプリカで叶えればいいと。同様に「本」も失われつつあるとマッサン。「原本」を探るのが困難になると言う。センセイは挿絵にしても、活字にしても昔の方が深かったと述べ、これからは「本」を工芸として見ざるおえなくなると語る。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。