Skip to content

追悼:八分隷に魅せられし書家

出会いは本人より作品が先だった。師の奥方より泰永書展を託された年、作品選別を手伝っていた最中にそれはあった。二×八尺横に書かれた流麗で美しい八分隷。目を奪われた。書作品で感動を得たのは師に次いで二人目。次々に選別される作品を見て、師への不躾を承知の上で「いただいてもいいですか?」と尋ね、次点を持ち帰ることが叶う。自室の欄間に飾り一人感動に浸る日々。「どんな人だろう」想起せずにはいられなかった。その年の書展で出会った際に、古典”名を聞くより”にあるように大きく乖離を感じる。それが森寛翠という書家を余計に私に刻むこととなる。
三年ほど経た勉強会のある日、機会を得たと体感した私は「飾らせてもらってます」と本人に白状する。「やめてよ、そんな失敗作!」最初は憤り、後に照れくさそうに彼は言った。意に介さず「とても素晴らしいです」と返すと、真顔になり「先生には遠く及ばない」と肩を落とす。その姿に、書の、書家の厳しさを感じ、受けた衝撃の体感は暫く離れられなくなる。
森さんの心の眼は常に師を向いていた。「まだ及ばぬ、まだか、まだなのか、もっと、もっと近くに、もっと、もっと」 山のように書いてくる。文字通りの山。自分の目に適わないものは捨てた上で山を積む。ある日、「日にどれくらいですか?」と尋ねると、毎日、朝から晩まで、三百六十日はやっていると答え、「時間はこれ以上どうしようもない。恐らくね、何か秘密があるはずなんだよ」と師の手練手管を探求していた。そして研究を通し「紙や筆、道具が増えて仕方が無い」そう言って笑う。
時折見せる鋭さは、正面から真っ向勝負の袈裟斬りを挑み、一太刀浴びせるまでは下がらないといった迫力を伺わせた。寛翠氏を通し、道の厳しさを感じていた自分がいる。森さんのことだ、次なる世界でも筆をとっておられるのだろう。その目線はやっぱり師を向いているに違いない。

(掲載元:第二十八回泰永書展・作品集P67)

書:森寛翠

書家の森寛翠氏が泰永書展で公式に発表した最後の作品。

2010年8月27日撮影

この時期既にかなり具合が悪かったと聞き及ぶ。

Published in文筆

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ