Skip to content

放送:第二百二十七回:アニメ・11人いる!

話者:松里鳳煌

萩尾望都漫画原作によるSFアニメ。1986年11月キティ・フィルムによりアニメーション映画化された。普遍的テーマが盛り込まれ現代でも通じる。非常に良く出来た作品で物語の構造や要素からして完成度が高く何度見ても個人的に学びがある作品。嘗ては間々指摘された余の部分やテンポ、登場人物の演技等、気になる箇所があったが、今観るとそれも含めてある種のリアリティを結果的に感じさせる。

11人いる! 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『11人いる!』(じゅういちにんいる!)は、萩尾望都による日本の中篇SF漫画。漫画雑誌『別冊少女コミック』1975年9月号から11月号に連載された。宇宙大学の入学試験で宇宙船に閉じ込められた受験生たちを描いた密室劇で、SF作品であると同時に、ミステリー、友情、恋愛などの要素も盛り込んだ作者の代表作である。1976年(1975年度)、第21回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。テレビドラマ化、アニメ映画化、および舞台化されている。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。