Skip to content

放送:第百六十九回:死を考える

【蔵出し】話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)

子供の頃から自身への問に「死をどう捉えるか」という視点があるとマッチャン。それは今も続く。当初、自身は別れの際に後悔の無いよう「語り尽くす」ということにし、これまでの自らの生き方をシフトチェンジしたと。しかし、結局は「語り尽くせぬ」ということを実感することになったと言う。センセイはどう足掻いても寂しさは否めないと言う。でも、亡くなる側は必ずしもそうでもないようだと君江さん(亡き奥様)が生前語った言葉を告げる。そして自身も恐らく自分がいよいよの時は悲しくは無いのだろうと想起した。(2019年収録)

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。