Skip to content

放送:第百四十九回:先生の手帳・六

話者:松里鳳煌

野尻泰煌という余りにも深すぎる人物について徒然なるままに語っていく先生の手帳・第六回目。冒頭では先生の教室を全て閉めたこと、そして先生が主宰されていた泰永会の今と今後を語っている。それからセンセイと知り合った経緯や当時の印象を振り返る。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。