Skip to content

放送:第百二十三回:格好よさ

話者:野尻泰煌(センセイ)、松里鳳煌(マッチャン)
ゲスト:相模泰生(サガミクン)、平賀曹宮(トモチャン)

書家仲間であり、表現者のサロン、藝文会の同門でもあるお二人をゲストにお迎え。相模泰生(さがみたいせい)さん、平賀曹宮(ひらがそうきゅう)さん。両氏とも書は楷書・隷書系を基軸に学所する書家。マッチャンは 第二回藝文東京ビエンナーレ で平賀さんが出展した生花を見て格好良いいと思ったと語る。センセイはゲスト二人に、どういう部分を見て格好いいと感じるか?と問う。自身は映画「吉原炎上」のセリフを上げ「この仕事は心も身体も凍らせないとできない」という生き様は格好いいと。格好よさについて話をする。

お客様情報

  • 相模泰生(さがみたいせい):占い師、書家。手相・タロット・方位学・四柱推命・姓名判断を、占術として使用しております。多方面からの占いを用いることで、変化の時期を絞って読み取ることができ、今できること、準備しておかなければならないことを現実的にお伝えしております。※公式サイトから引用[公式][facebook][twitter][Instagram
  • 平賀曹宮(ひらがそうきゅう):書家・華道家。 宮城県登米市出身。 野尻泰煌に師事。 『物言わねど語る花』を各国で開催される書展にて活け、花を軸とした文化交流の一翼を担っている。 pas de chat / Flower所属のフラワースタイリスト。※twitterより引用。[twitter
Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。