Skip to content

放送:第百十二回:映画にみる国民性

話者:センセイ、マッサン

映画「ジュラシック・パーク」のインパクトの話から恐竜、ゴジラの話をしだす二人。恐竜は嘗てゴジラ型が基本だった。ティラノサウルスに見る直立不動、大きな身体、長大な尻尾、小さな手。それが映画「ジュラシック・パーク」を境に最新の研究結果が反映され全く様変わりする。センセイはハリーハウゼンの「恐竜100万年」等を見ると安心すると言う。マッサンはアメリカのシリーズものに見られる、続くと下らないものになりがちなのは国民性なのだろうか?とセンセイに投げかける。センセイは雰囲気に国民性が現れていると言う。映画にみる国民性の話になっていく。(話中のクレイアニメは”ひつじのショーン”イギリスの作品)

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。