Skip to content

ショート・ショート:振り返る闇

ある村で化物が話題になっていた。

闇夜に紛れ、神社へ向かう山道の石段を登るという。

「食われちまうぞ。近づかない方がいい。」

噂はあっという間に広がる。

ある日、諸用で遅くなった村人がその場所を足早に通り過ぎようとする。近道だった。

「こわやこわや」

何かに気づき足を止める。

硬いものが石を叩く音だ。

音は次第に大きくなる。

コツ、コツ、コツ。

 

全身が硬直する。

大きな闇が石段を登って来た。

恐怖に顔を歪め村人は息を殺す。

闇は登りかけたが足を止める。

(食われちまう!)

振りかえる。

闇夜でもわかる異形の相。

 

村人は食われなかった。

 

そればかりか夜な夜な山道へ。

小脇にはお握りを包んだ笹と水の入った竹筒。

「取り憑かれたに違いない。」

彼は何も語らず、笑みを浮かべ。

「大丈夫」を繰り返す。

音がする。

 

コツ、コツ、コツ。

 

闇が上がってきた。大きい。

今日は月明かりが強い。

闇は歩を止める。

村人は闇に一礼し歩み寄ると、何も言わず笹で包まれたお握りと竹筒を差し出す。

闇は月明かりに照らされた。

丹精な男の顔をしている。

そしてツバの広い帽子。

位の高そうな服。

笑みを浮かべ手を握る。

一礼すると、再び山道を登る。

 

コツ、コツ、コツ。

 

その背中に村人は深々と一礼。

 

その後、村は大層栄えたと言う。

人々は口々に、

「あれは仏様に違いない。」

相変わらず村人は語らず、

「良かった、良かった。」

そう言って山道の先。

神社のある方を向いた。

 

おわり

  • 備考:第二回藝文東京ビエンナーレにて発表した新作ショート・ショート。ショート・フィルムストーリーとして発表。依頼された短編アニメの原案の一つとして書く。内容はカバーとなった墨絵から発想。
Published in文筆

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。