Skip to content

放送:第九十六回:伝統技能と生き方

話者:センセイ、マッサン

昨今は物づくり日本と謳い文句は立派で声も大きいが、現実には伝統や物づくりに携わる人が減り、技術が失われつつある現実がある。放送で伝統文化が取り上げられると一時的には注目を浴びたり弟子が増えるが現実には残らないと聞く。センセイは「職人技を身につけるには10年20年というスパンである。現代人は手っ取り早くお金を稼ぐことしか頭に無いだろうから当然無理だろう」と、嘗ての伝統文化に携わる人々との視点の違いを指摘する。生きる術であり、生きる寄すがであった技能、金を稼ぐ手段でしかない現代人の生き方に疑問を投げる。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。