Skip to content

MATSUZATO hokoの概要

松里 鳳煌

(MATSUZATO hoko)

也太奇 代表

書家、文筆家、出版者

*

(関係する主な団体とサイト)

也太奇:ISBN登録の出版者。松里鳳煌の個人事務所。
鳳煌書道会:主宰する書道会。その師範。
松里鳳煌:作家活動の記録。(ココ)
藝文對談ともえ:インターネットラジオのメインMC。
泰永会:野尻泰煌が創設した書道会の副代表。
国際藝術文化協会:2015年創設の表現者のサロン。常任理事。
・オープンテキスト(有):提携先フォント制作会社。2019年閉業。
フォトグラファーズオフィス美苑:フリーランスカメラマン。撮影依頼先。
本名カズト:ミュージシャン。楽曲依頼先。
・JFONTS協議会:日本語フォント協議会のメンバー。(サイト閉鎖)
・学芸理論会議 皐月会:主宰する会員制文化団体。代表。(休眠中)
その他
*

(書歴)

1975年:小学二年より亀井鳳月(KAMEI hogetsu)[2011年没]を師に書を始める。
1995年:掃雲会にて師範。
1996年:師の推挙により野尻泰煌先生を新たに師と仰ぐ。
泰永会に転籍。
2000年:泰永会の事務局長に就任。会の運営を一手に担う。
2004年:師より促され、命名「鳳煌会(鳳煌書道会)」を開塾。
2015年1月:泰永会の副代表に就任。

2017年4月:ハンガリー・ラダイ博物館に小品を出展し寄贈。
2018年4月:チェコ展へ小品を出展しブルノ技術博物館に寄贈。
2019年3月:バングラデシュ第2回カルナフリ民俗トリエンナーレ2018へ小品出展。
2019年5月:オーストリア展へ小品を出展しザンクト・ペルテン市立博物館へ寄贈。
墺日友好賞を受賞。
泰永書展は第七回~三十回展まで出展し今も続く。
*

(職歴)

・大学卒業後、大手事務機メーカーのプログラム開発部門へ入社。
後にプログラム開発を離れフォント制作部門に長く携わる。
その際、日本初フルオンライン決済のフォントパッケージを企画開発。
マニュアル制作、Web制作、コミュニティ運営、イベント運営も担う。
・ゲーム会社に転職。
営業、マーケティング、ゲーム企画開発、販促、イベント運営に携わる。
・平行してDTP業務を「デザインスタジオWIL」の名で受託制作。
・2000年・也太奇(やたいき)を屋号に独立。
フォントおよび図録制作、Webサイトの構築運営に長く携わる。
2001年~:8万字搭載フォントのプロジェクトに参加。
~2010年:カーナビ等の組込系低用量フォントをデザイン。
~2013年頃:北京・上海の企業を相手にネットを使ったフォント業務を展開。
~2015年:ECサイトのコンテンツ入力支援
2018年3月16日:ISBNコードを取得し也太奇を出版者に登録。
2019年:ISBN取得後、初の出版物を販売開始。
*

(その他活動)

~1998年:大学の友人の誘いを受けオリジナル小説の同人誌活動に参加。
2002年:学芸理論会議・皐月会を開設。年数回のセミナーを主宰。
2015年7月:国際藝術文化協会(藝文会)に推挙され入会。
創立会員となる。常任理事。
2016年11月27日:藝文東京ビエンナーレにて長編小説を発表。
2018年11月19日:第二回藝文東京ビエンナーレに往復小説を発表。
2019年10月:往復小説の専用サイトを運営開始。
*
・Skype:yataiki
・twitter :yataiki
・Youtube:Yataiki
・facebook:yataiki
・note:yataiki
・Instagram:yataiki.hoko

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。