Skip to content

放送:第四十回:無法地帯

*

2017/1/30ma:トッチャンがトマス・ホッブズのリヴァイアサンの引用をすることから始まる。マッサンはそれを受け、どこからどこまでが洗脳で洗脳じゃないかの線引は非常に難しく大なり小なり洗脳はそここでなされていると私見を言う。センセイは日本が戦後様々な権力者の意図によって洗脳されたと言い、自己の例を出す。

曰くセンセイは、洗脳とは私利私欲の視点でもってアンバランスなものを刷り込むことだと持論を述べる。そして洗脳を解く唯一の方法は芸術にあると。また、自らの偏りを相手に押し込める洗脳と、伝統の型を刷り込むこととは違うと述べ、伝統の型は時間の経過や人々の自然な精査によって淘汰され残り得たものであり、偏りが限りなく排除されたものであり、洗脳と普遍の踏襲をごちゃ混ぜにしている人が多いと嘆く。芸術家であるならば洗脳されないで生きるのが基本であると言う。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ