Skip to content

放送:第二十九回:黒澤明からスターウォーズまで

*

2016/10/10ma:映画の話をしましょうとマッサン。トッチャンは黒澤明の「生きる」を上げる。センセイはそれを受け黒澤明の表現について語りだす。諧謔的表現を用い、その妙なる雰囲気が監督独特な技であると述べる。そこから監督業、転じて指導者の難しさは指導することそのものより携わる人々の精神的構えを作らせていくことのほうが困難であり、むしろそっちが重要であると持論を展開する。マッサンは「映画というとやっぱりスター・ウォーズかな」と第七回でも話したタイトルを上げ、話は続く。

Published in放送

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ